コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文庫本 ブンコボン

5件 の用語解説(文庫本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんこ‐ぼん【文庫本】

文庫判の出版物。元来は、安価で普及を目的としたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文庫本【ぶんこぼん】

古典や定評のある著作物,多数の読者を見こみうる作品などをおさめた小型本双書。A6判が一般的な判型で,多くは廉価。1927年から刊行の岩波文庫,1928年から刊行の新潮文庫(第2次)等がこれに属する。
→関連項目文庫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんこぼん【文庫本】

おもに古典や定評のある著作類をおさめた小型本双書。判型はA6判が一般的で,廉価普及を目的とし,読者層の拡大に寄与している。現在,文庫本の出版社は地方を含めて約40社あり,50種ほどの文庫本が刊行されている。〈文庫〉という名称は本来,書籍,故書を収納するくらをいい,転じて内閣文庫東洋文庫などのようにまとまった蔵書を意味した。今日の文庫本に近い形態のものとして初めて出版されたのは,1903年に冨山房から刊行された袖珍名著文庫である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんこぼん【文庫本】

普及を目的とする廉価な小型本。文庫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文庫本
ぶんこぼん

A6判(148ミリ×105ミリ)の出版物で、装丁をそろえた紙表紙の軽装・廉価なシリーズのこと。「文庫」は叢書(そうしょ)名としてよく使われ、その場合、大きさはB6判、新書判、またはB7判までいろいろだが、文庫本とよぶときはA6判のものをさすのが普通である。値段を低く抑えるために可能な限り簡素な体裁にし、大量に普及させる目的で選ばれた出版形式である。
 歴史が古く今日も刊行を続けているものとして、1867年に発刊されたドイツの『レクラム文庫』(レクラムス・ウニベルザール・ビブリオテーク)が世界的に著名である。わが国のものでは、冨山房(ふざんぼう)の『袖珍(しゅうちん)名著文庫』(1903)がもっとも早い。「袖珍」とは昔から小型本をよぶときに用いられた名称で、この文庫は当時輸入され始めていた『レクラム文庫』やイギリスの『カッセルズ・ナショナル・ライブラリー』(1886)に倣った国文学の校訂本だった。量的に普及したのは講談本の『立川文庫』(1911)で、忍者や剣豪の活躍するストーリーが当時の青少年読者をひきつけ、大流行した。しかし、文庫本に社会的な評価を定着させたのは『岩波文庫』(1927)である。100頁を一単位として20銭刻みの定価をつけ、それを星印で表示するなど細部まで『レクラム文庫』を範としている。書目を厳選して真に古典的価値のある名著を収録、翻訳はすべて原典からの直接訳、省略なしの完全版をうたった『岩波文庫』は、学生・知識層の圧倒的な支持を得て、以来「名著の普及版」が文庫の代名詞となった。続いて、社会科学関係に特色をもつ『改造文庫』(1929)、文芸書中心の『春陽堂文庫』(1931)、『新潮文庫』(1933)などが発刊されている。
 第二次世界大戦後になって『アテネ文庫』(1948)、『角川文庫』(1949)、『現代教養文庫』(1951)など新しい文庫が誕生し、ブームをよんで一時は40種余になったが、数年のうちに淘汰(とうた)されて大部分が姿を消した。このあと、推理小説中心の『創元推理文庫』(1959)、図版を多用した『カラーブックス』(1962)、高校生を対象に『旺文社(おうぶんしゃ)文庫』(1965)というふうに内容や読者層を限った個性的なシリーズが出された。さらに1971年(昭和46)『講談社文庫』が70点の作品をそろえて発刊されたのがきっかけになって、大手の出版社が相次いで文庫出版を手がけるようになり、量産の時代へと突入した。競争の激化に伴い、収録範囲も際限なく広がり、全集、講座、辞典、童話、ミステリー、SF、講談、落語、マンガ、イラスト集、ポルノなど、また書き下ろし作品の収録もあって、従来『岩波文庫』によって与えられた、古典・名著の普及版という性格が薄れ、あらゆる分野にまたがる廉価版へと変貌(へんぼう)してきている。ほかにおもな文庫としては『中公文庫』『文春文庫』『集英社文庫』『ハヤカワ文庫』『徳間文庫』『光文社文庫』『幻冬舎文庫』『小学館文庫』などがある。[矢口進也]
『山崎安雄著『岩波文庫物語』(1962・白凰社) ▽矢口進也著『文庫 そのすべて』(1979・図書新聞) ▽岩波文庫編集部編『岩波文庫総目録』(1987・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文庫本の関連キーワードオモニ極め付き事納め古札納め矛を収める大森曹玄尭誉存海依田直有

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文庫本の関連情報