個所・箇所(読み)かしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] (連体修飾句を伴って) そういう特定のところ。その場所。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)六六一条「競売期日の公告は左の箇所に掲示して」
※星座(1922)〈有島武郎〉「どこに不審の個所があるのか」
[2] 〘接尾〙 (古くは「がしょ」とも) 場所の数を示す。→か(箇)
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「灸をし針をつかうも四五ケ(カ)処にはすぎぬぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android