(読み)じ

精選版 日本国語大辞典「箇」の解説

【箇】

〘接尾〙 (古くは「ち」か) 数詞に添えて用いる。
※土左(935頃)承平五年一月二一日「ななそちやそちは海にあるものなりけり」
[補注]平安時代までは、広く物の数を数えるのに用いられたが、のちには、年数、とくに年齢をいう場合に限定されるようになった。「仏足石歌」の「彌蘇知(ミソチ)あまり二つ」や、現代の「はたち」などの例から、古くは「ち」であったかと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「箇」の解説

か【箇】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) コ(唐)
〈カ〉別のものを数える語。「箇所箇条三箇日さんがにち
〈コ〉
に同じ。「一箇
物や場所を指す語。これ。この。「箇中/好箇・真箇
[補説]古くは「竹」の半分をとって「」と書き、物を数える語に用い、後に形声文字の「」に変えた。
[名のり]かず・とも

つ【箇/個】

[接尾]助数詞和語の数詞に付いて、物の数や年齢などを数えるのに用いる。「ひと―、ふた―」「五―の誕生日」
[補説]一(ひと)から九(ここの)までの数に付くほか、古語では百(もも)や五百(いお)に付いた例がみられる。
白玉の五百つ集ひを解きも見ず」〈・二〇一二〉

か【箇/個/×个】

[接尾]助数詞。数を表す漢語に付いてものを数えるのに用いる。「三―月」「五―条」「数―所」
[補説]「箇」の略体「个」を「ケ」と略したところから、「三ヶ月」のようにも書く。この「ケ(ヶ)」は、「介」から出たかたかなの「ケ」と同形になっているが、起源は異なる。

ち【箇/個】

[接尾]助数詞。数を数えるのに用いる。
嬢子をとめのい隠る岡を金鉏かなすき五百いほ―もがも鉏きばぬるもの」〈・下・歌謡〉
[補説]連濁により「ぢ」となることがある。→じ(箇)

じ〔ぢ〕【箇】

[接尾]《古くは「ち」か》助数詞。数詞に添えて、ものを数えるときに用いる。→ち(箇)
「ななそ―、やそ―は海にあるものなりけり」〈土佐

ぢ【箇/個】

[接尾]じ(箇)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android