コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箇/個/个

デジタル大辞泉の解説

か【箇/個/×个】

[接尾]助数詞。数を表す漢語に付いてものを数えるのに用いる。「三―月」「五―条」「数―所」
[補説]「箇」の略体「个」を「ケ」と略したところから、「三ヶ月」のようにも書く。この「ケ」は、「介」から出たかたかなの「ケ」と同形になっているが、起源は異なる。

か【箇】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) コ(唐)
〈カ〉個別のものを数える語。「箇所箇条三箇日(さんがにち)
〈コ〉
に同じ。「一箇
物や場所を指す語。これ。この。「箇中/好箇・真箇
[補説]古くは「竹」の半分をとって「个(か)」と書き、物を数える語に用い、後に形声文字の「箇(か)」に変えた。
[名のり]かず・とも

じ〔ぢ〕【箇】

[接尾]《古くは「ち」か》助数詞。数詞に添えて、ものを数えるときに用いる。→ち(箇)
「ななそ―、やそ―は海にあるものなりけり」〈土佐

ち【箇/個】

[接尾]助数詞。数を数えるのに用いる。
「嬢子(をとめ)のい隠る岡を金鉏(かなすき)も五百(いほ)―もがも鉏きばぬるもの」〈・下・歌謡
[補説]連濁により「ぢ」となることがある。→じ(箇)

ぢ【箇/個】

[接尾]じ(箇)

つ【箇/個】

[接尾]助数詞。和語の数詞に付いて、物の数や年齢などを数えるのに用いる。「ひと―、ふた―」「五―の誕生日」
[補説]一(ひと)から九(ここの)までの数に付くほか、古語では百(もも)や五百(いお)に付いた例がみられる。
「白玉の五百つ集ひを解きも見ず」〈・二〇一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じ【箇】

( 接尾 )
〔古くは「ち」か〕
助数詞。数詞に添えて、ものを数えるのに用いる。 「ななそ-やそ-は海にあるものなりけり/土左」 〔現在、「みそじ」「やそじ」などの形で残る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

箇/個/个の関連キーワードむしゃくしゃ腹真榊・真賢木柳に受ける上田 宗源年貢割付状コーチュウ成箇郷帳多度大社地方三帳経津主神上田宗源上田宗箇取箇郷帳八尺瓊取箇帳一丁字取箇方千箇寺勉修坤輿

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android