コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借地農 しゃくちのうtenant

翻訳|tenant

世界大百科事典 第2版の解説

しゃくちのう【借地農 tenant】

賃貸借契約にもとづいて農地を占有している農業経営者あるいは農民を通常〈借地農〉と呼ぶ。すなわち,農民だけでなく,農業資本家(資本家的農業経営者)もその中に入る。借地条件は借地契約をもって取り決められるが,文書によらない口頭契約もある。借地農の義務として地代(借地料)の支払い,適正な土地利用,土地の肥沃度の維持,建物その他の維持・修繕,借地明渡しの際における次期借地農への便宜提供等が規定され,同時に地主の義務として,たとえば借地農の土地改良投資の〈残された価値〉の補償(いわゆるテナント・ライト)ないし〈有益費〉補償その他が規定されることになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の借地農の言及

【小作制度】より

…だがヨーロッパ(とくに西ヨーロッパ)では,地主が小規模ないし零細規模の小作農民に土地を貸す(小作させる)場合のほかに,地主が資本主義的な大規模農業経営者に土地を貸すという場合が広範にみられ,後者の場合は日本語の〈小作〉とは大いに意味が異なっている。したがってとくに後者の場合には,小作の代りに借地制度・借地農(借地農業経営者)などの語を用いることが多い。 小作制度の本格的展開はほぼ16世紀以降であるが,その前提になったのは,領主制のある程度までの解体であった。…

※「借地農」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

借地農の関連キーワードグルントヘルシャフト資本家的土地所有リースホールダーサン=キュロットカンポネサス同盟コピーホールダーフランドル農法ジェントリー独立自営農民アンダーソンフランス革命資本制地代賃貸借契約チュルゴ土地所有農業恐慌借地農業ヨーマンオーダルメティエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android