コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偃す ノイフス

デジタル大辞泉の解説

のい‐ふ・す【×偃す】

[動サ四]《「のきふす」の音変化》あおむけに寝る。倒れ伏す。
「門をだにささで、やすらかに―・したれば」〈大鏡・道長上〉

のえ‐ふ・す【×偃す】

[動サ四]《「のいふす」の音変化》
風になびく。
「草に風を加ふる時は―・さずといふ事なし」〈太平記・八〉
ひれ伏す。平伏する。付き従う。のいふす。
「我が神国の天(あま)の村雲百王護国の御守り、―・す民こそめでたけれ」〈浄・嫗山姥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のえふす【偃す】

( 動四 )
〔「のいふす」の転〕
手足を伸ばして寝る。安楽に暮らす。 「百王護国の御守り、-・す民こそめでたけれ/浄瑠璃・嫗山姥」
風になびく。 「草ガ風ニ-・ス/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android