神国(読み)カミグニ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ぐに【神国】

神が統治する国。日本国のことをいった。しんこく。
神郡(かみごおり)」に同じ。

しん‐こく【神国】

神がつくり、守護しているという国。日本の美称としても用いられた。神州

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんこく【神国】

神が開き、守護している国。また、皇孫が君臨する神聖な国。特に日本で、自国を称していった語。神州。かみのくに。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐ぐに【神国】

〘名〙
① 神が開き、守り、神の子孫が治める国の意で、日本国をいう。しんこく。
※夫木(1310頃)三〇「神国と豊蘆原を定めおきて君の守りの限りなの世や〈公朝〉」

しん‐こく【神国】

〘名〙
① 神が開き、神によって守護されている国。日本国についていう。かみのくに。神州。
※太神宮諸雑事記(11C中か)「本朝和神国也。可仰神明也」
② 特に、皇室の祖先神を祭祀するという伊勢神宮のある国。伊勢国(三重県)についていう。〔神宮雑例集(1202‐10頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神国の言及

【神国思想】より

…もとは農耕儀礼などと結びついた素朴な信仰に根ざすものであったが,政治的統一が進み,他国・他民族への意識が生まれてくると,日本を他国よりもすぐれた国とする主張の拠り所となった。神国・神州といったことばは,直接排外的な思想に結びつくというものではなかったが,対外緊張が強まったときには,つねに日本中心の排外的な主張を支えるものとなった。 《日本書紀》の神功皇后紀に見える神国の語は,朝鮮半島に対する日本人の意識をあらわしており,神功皇后紀の記述は後世まで繰り返し持ち出された。…

※「神国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神国の関連情報