偏私(読み)へんし

精選版 日本国語大辞典「偏私」の解説

へん‐し【偏私】

〘名〙 えこひいきをすること。また、かたよった自分だけの考え。〔文明本節用集(室町中)〕
※中国辨(1701)「ひしと夷狄とあしろうていやしむこと、甚だ以て私也」 〔諸葛亮‐前出師

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「偏私」の解説

【偏私】へんし

不公平。蜀・諸亮〔出師の表〕宮中府中は、(とも)に一體爲(た)り。~宜しく私して、外をして法をにせしむべからず。

字通「偏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる