コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏/片秀 カタホ

デジタル大辞泉の解説

かた‐ほ【偏/片秀】

[形動ナリ]
完全に整っていないさま。未熟。不十分。⇔真秀(まほ)
「御心ばへ、人柄どもさへ、いささか―にて」〈大鏡・道長上〉
容貌(ようぼう)が醜いさま。不器量。
「―にものし給はむ人の、居丈高に髪少なにて」〈栄花・根合〉

へん【偏】

漢字の構成部位の名称の一。左右の組み合わせからなる漢字の左側の部分。字形によって「亻(にんべん)」「氵(さんずい)」などと呼ぶ。⇔旁(つくり)
かたよっていること。公正でないこと。
「用捨―無し、弛張(ちちゃう)時あり、明王の士を撰ぶ徳なり」〈太平記・一九〉

へん【偏】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘン(呉)(漢) [訓]かたよる ひとえに
本筋や中心からそれている。かたよる。「偏屈偏見偏向偏差偏在偏食偏重偏頗(へんぱ)不偏
(「褊(へん)」と通用)土地や度量が狭い。「偏狭
漢字の組み立てで、左側の部分。「偏旁(へんぼう)人偏(にんべん)
[名のり]つら・とも・ゆき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へん【偏】

漢字の構成部分の名称。「他」の「⺅」、「村」の「木」など、字の左側につくもの。 ⇔ つくり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偏/片秀の関連キーワードフレネル‐アラゴの第一法則フレネル‐アラゴの第三法則マリュスの余弦二乗法則偏光フィルム用色素偏光フィルターニコルプリズム円偏光二色性偏微分方程式偏光プリズムデサン効果左旋円偏波右旋円偏波構成部分にんべん直線偏波直線偏光偏微分法最小偏角部分偏光さんずい

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android