コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏/片秀 カタホ

4件 の用語解説(偏/片秀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐ほ【偏/片秀】

[形動ナリ]
完全に整っていないさま。未熟。不十分。⇔真秀(まほ)
「御心ばへ、人柄どもさへ、いささか―にて」〈大鏡・道長上〉
容貌(ようぼう)が醜いさま。不器量。
「―にものし給はむ人の、居丈高に髪少なにて」〈栄花・根合〉

へん【偏】

漢字の構成部位の名称の一。左右の組み合わせからなる漢字の左側の部分。字形によって「亻(にんべん)」「氵(さんずい)」などと呼ぶ。⇔旁(つくり)
かたよっていること。公正でないこと。
「用捨―無し、弛張(ちちゃう)時あり、明王の士を撰ぶ徳なり」〈太平記・一九〉

へん【偏】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘン(呉)(漢) [訓]かたよる ひとえに
本筋や中心からそれている。かたよる。「偏屈偏見偏向偏差偏在偏食偏重偏頗(へんぱ)不偏
(「褊(へん)」と通用)土地や度量が狭い。「偏狭
漢字の組み立てで、左側の部分。「偏旁(へんぼう)人偏(にんべん)
[名のり]つら・とも・ゆき

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone