健康ブレスレット(読み)けんこうブレスレット

百科事典マイペディアの解説

健康ブレスレット【けんこうブレスレット】

アルファベットの〈C〉の文字の,書き始めと書き終わりの両端に球を付けたような形の,金属製のブレスレット。二つの球にはフェライト磁石が組み込まれ,磁気によって電子のやりとりを行う。この電子の流れによって,筋肉痛などに効果があるといわれる。 1992年に薬局などで販売され,ただつけているだけで効果があることや,アクセサリー的な感覚で気軽につけられることから,プロゴルファーや中・高年の男性を中心に一時大ブームとなった。しかし医学的な証明はなく,製品によっては磁気が発生しないものもあるといわれ,時間とともに効果が薄れる,左右どちらの腕につけるかで効用に差があるなどとの否定的な意見も多い。 この他にも,いわゆる〈磁気パワー〉を取り入れた健康グッズは多種多様で,磁気ネックレス,磁気サンダル,磁気枕・ふとんなどがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android