コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋肉痛 キンニクツウ

5件 の用語解説(筋肉痛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんにく‐つう【筋肉痛】

筋肉の痛み。激しい運動などで筋肉を使い過ぎることによって起こる。筋痛。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

きんにくつう【筋肉痛】

《どんな病気か?》
〈運動によって筋肉が損傷を受けることで起こる〉
 だれにでも経験がある筋肉痛(きんにくつう)は、運動をした日の翌日から数日後にかけて、使った筋肉に痛みが起こるものです。
 筋肉は、関節をまたいで、その両端が骨に付着しています。この筋肉が伸びたり縮んだりすることで体を動かしています。
 ところが、筋肉が収縮しようとしているとき、逆に筋肉を引き伸ばして力をだすような動きをすると、筋組織に損傷が起こります。たとえば、腕ずもうで、負けそうになりながらねばっているときなどが、その状態です。
 筋肉痛は、こうして起こった筋肉の損傷と炎症によって引き起こされるといわれます。
 運動をした日から6日後くらいのあいだにもっともはげしくなり、その後はなにもしなくても徐々におさまっていくのがふつうです。
《関連する食品》
〈生たまごの白身はビオチンの吸収を阻害する〉
○栄養成分としての働きから
 筋肉痛を緩和する働きがある栄養素はビオチンです。ビオチンは、糖質や脂質、たんぱく質の代謝(たいしゃ)を助け、エネルギーをとりだす役割を受けもつビタミンです。筋肉痛が起こったときには、レバーイワシピーナッツ、たまごなど、ビオチンを多く含む食品をとるといいでしょう。
 ただし、生たまごの白身には、胃や腸でビオチンと結合し、吸収を阻害する成分が含まれています。毎日大量に生たまごを食べなければ問題ありませんが、たまごは加熱して食べたほうが、むだなくビオチンを摂取できます。
 また、筋肉の炎症を抑えるのにはIPA(イコサペンタエン酸)が効果的です。IPAは、ハマチキンキ、イワシ、マグロのトロなどの魚に多く含まれています。
 そのほか、ビタミンB1カルシウムも筋肉痛の予防のためにはとっておきたい栄養素です。
 ビタミンB1には、糖質が体内でエネルギーにかわるのを補助する働きがあり、不足するとエネルギー不足になって筋肉の働きが鈍くなります。また、カルシウムが不足すると筋肉の収縮がうまくいかなくなり、硬直して、筋肉痛やけいれんを引き起こしやすくなります。
 ビタミンB1は豚肉、ウナギカレイ、ピーナッツなどに含まれ、カルシウムは牛乳や乳製品ワカサギなどの小魚、コマツナなどの野菜、ヒジキなどの海藻類に含まれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

きんにくつう【筋肉痛 myalgia】

一般に,痛みの所在が判然とせず,だるくて鈍いなんともいえないいやな感じを伴った筋肉の痛みをさす。これに対して,筋肉になんらかの外傷や急性炎症がある場合の疼痛は,局在がはっきりした鋭い痛みとなる。筋肉痛の場合は,筋肉の緊張が亢進しており,いわゆる〈こ(凝)り〉という自覚症状を伴うことが多い。このような疼痛を有痛性痙縮というが,筋肉の痙縮により疼痛が発生するのか,疼痛により痙縮が発生するのか,両者は表裏一体の現象である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんにくつう【筋肉痛】

筋肉の痛み。筋痛。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筋肉痛
きんにくつう

筋肉の痛みをさす。疾患名ではなく、あくまで症状名であり、筋肉の外傷や炎症で発生するほか、いわゆる肩こりや腰痛症で認められる。外傷による代表的なものとして挫傷(ざしょう)(打撲)があり、高度の場合は筋組織の断裂が認められることもある。化膿(かのう)菌による筋肉の炎症は化膿性筋炎であり、安静にしていても疼痛(とうつう)が強く、発熱のほか、局所に発赤や熱感などの炎症症状を認める。また肩こりとよばれる頸筋(けいきん)痛や腰筋痛は、頸部あるいは腰部を構成している筋膜、筋肉、靭帯(じんたい)、脊椎(せきつい)骨、脊椎関節などのいずれの病変が原因となってもおこりうる。たとえば、加齢的変化である変形性頸椎症で頸筋痛が認められるし、変形性腰椎症で腰筋痛が発生する。このような筋肉痛では、その筋肉は緊張して圧痛がある。いずれにしても筋肉痛は、その原因を確かめて治療することが望まれる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筋肉痛の関連キーワード筋肉運動風湿ドンナ運動性貧血白筋病薬剤性ミオパチーウイルス性結膜炎ハムストリング筋群(大腿屈筋群)断裂下腿三頭筋断裂ゴルフ肘

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筋肉痛の関連情報