コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽茎 ぎけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偽茎
ぎけい

葉の基部が茎や上位の葉の基部を鞘(さや)状に包む葉鞘(ようしょう)になっているような植物において、節間が短くて葉鞘のほうが長ければ、茎は葉鞘に隠されて外からは見えないことになる。この傾向が極端になった場合は、外見が茎のようにみえる部分は多数の葉鞘が次々に重なったものであり、これを偽茎という。花期が近づくと、この中心を貫いて花序が現れることが多い。バナナ、カンナ、ミョウガなど単子葉植物に多くの例がある。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

偽茎の関連キーワードマイヅルテンナンショウハナミョウガ(花茗荷)ヒトツバテンナンショウトーチ・ジンジャーマムシグサ(蝮草)ミョウガ(茗荷)ユモトマムシグサバショウ(芭蕉)テンナンショウウラシマソウハエマンサスイトバショウムサシアブミビジンショウヘリコニアネギ(葱)マニラアサカルダモンマムシグサキョウオウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android