コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傅抱石 ふほうせきFù Bào shí

世界大百科事典 第2版の解説

ふほうせき【傅抱石 Fù Bào shí】

1904‐65
中国の画家。江西省新喩県の人。若くして日本に留学し,帝国美術学校(現,武蔵野美大)を卒業,東洋美術史学を専攻。1935年国立中央大学芸術学科教授,美術家協会副主席,江蘇省国画院長等を歴任。石濤,梅清の影響を強く受け,深い自然観察による新奇な構図と卓越した潑墨で清新な作品を創造した。画集に《傅抱石画集》,画論に《中国絵画理論》《石濤上人年譜》等がある。【遠藤 光一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

傅抱石の関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傅抱石の関連情報