コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅清 ばいせい Mei Qing

3件 の用語解説(梅清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅清
ばいせい
Mei Qing

[生]天啓3(1623)
[没]康煕36(1697)
中国,明末,清初の文人画家,詩人。宣城 (安徽省) の名族の出身で,弟の梅庚ほか一族も絵にすぐれた。字は遠公,渊公,号は瞿山 (ぐさん) ,梅癡など。順治 11 (1654) 年の挙人。一流の文人と交流が多く,画風に関しては新安派の弘仁との交流が注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅清【ばいせい】

中国,明末・清初の画家。安徽省の人。字は淵公,号は瞿山。〈山水は妙品に入り,画松は神品に入る〉と称され,梅も描いた。日本には《山水画冊》ほかが伝存。詩もよくし,唐〜明の詩を集めて《梅氏詩略》を編集した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばいせい【梅清 Méi Qīng】

1623‐97
中国,清初の画家,詩人。字は淵公。号は瞿山(ぐさん),梅癡(ばいち),雪廬,老瞿凡夫など。安徽省宣城の名家の出身。順治11年(1654)の挙人であるが仕官しなかった。宣城の詩社の中心人物で,1666年(康熙5)より15年間この地に滞在した石濤とともによく黄山を描き,その画松の作風は石濤に影響を与えた。古詩集《梅氏詩略》,自作詩集《天廷閣集》がある。弟の梅庚(ばいこう)(字は耦長(ぐうちよう),号は雪坪,聴山翁)も画家,詩人として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅清の関連キーワード周麘戴王綸張澹成瀬正胤文点唐熊季秉徳呉椿王鑑遺民画家

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone