コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅清 ばいせいMei Qing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅清
ばいせい
Mei Qing

[生]天啓3(1623)
[没]康煕36(1697)
中国,明末,清初の文人画家,詩人。宣城 (安徽省) の名族の出身で,弟の梅庚ほか一族も絵にすぐれた。字は遠公,渊公,号は瞿山 (ぐさん) ,梅癡など。順治 11 (1654) 年の挙人。一流の文人と交流が多く,画風に関しては新安派の弘仁との交流が注目される。山水,松をよく描き,潤,渇両様の墨法と自由な構図法で個性的な様式を示し,石濤との交遊を通してその様式形成に強い影響を与えた。代表作『黄山煉丹台図』 (上海博物館) 。詩人としても著名で,自作詩集『天延閣前後集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

梅清【ばいせい】

中国,明末・清初の画家安徽省の人。字は淵公,号は瞿山。〈山水は妙品に入り,画松は神品に入る〉と称され,も描いた。日本には《山水画冊》ほかが伝存。詩もよくし,唐〜明の詩を集めて《梅氏詩略》を編集した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいせい【梅清 Méi Qīng】

1623‐97
中国,清初の画家,詩人。字は淵公。号は瞿山(ぐさん),梅癡(ばいち),雪廬,老瞿凡夫など。安徽省宣城の名家の出身。順治11年(1654)の挙人であるが仕官しなかった。宣城の詩社の中心人物で,1666年(康熙5)より15年間この地に滞在した石濤とともによく黄山を描き,その画松の作風は石濤に影響を与えた。古詩集《梅氏詩略》,自作詩集《天廷閣集》がある。弟の梅庚(ばいこう)(字は耦長(ぐうちよう),号は雪坪,聴山翁)も画家,詩人として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅清の関連キーワード吉州梵貞山本梅崖傅抱石名族文人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android