傘紙(読み)かさがみ

精選版 日本国語大辞典「傘紙」の解説

かさ‐がみ【傘紙】

〘名〙 からかさを張るのに用いる(こうぞ)製で、全国各地で産したが、美濃国(岐阜県)、土佐国(高知県)から産出するものを最もよしとした。

からかさ‐がみ【傘紙】

〘名〙 からかさを張るのに用いる紙。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「傘紙」の解説

かさ‐がみ【傘紙】

唐傘に張る、コウゾ・ガンピ・ミツマタなどから製する和紙。美濃・土佐の産が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の傘紙の言及

【黒谷紙】より

…丹波・丹後は古代において主要な製紙国であった。江戸時代にも,この地方にはいくつかの紙の産地があり,公用紙である奉書や杉原紙をすくもの,周囲の農村向けの障子紙や傘紙をすくものなどがあったが,黒谷紙は直接,都会の使用者と結びつく独自の道をとった。黒谷ははじめ山家藩に属していたが,のちに天領となった。…

※「傘紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android