コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐国 とさのくに

6件 の用語解説(土佐国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐国
とさのくに

現在の高知県。南海道の一国。中国。『古事記』には「土佐国を建依別 (たけよりわけ) と謂ふ」とある。『旧事本紀』には「都佐」「波多」の2国造が記されているが,前者は土佐郡を,後者は幡多郡を中心とした地方を支配したものとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とさ‐の‐くに【土佐国】

土佐

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土佐国【とさのくに】

旧国名。土州とも。南海道の一国。現在の高知県。《延喜式》に中国,7郡。鎌倉時代には佐々木,梶原氏らに次いで北条氏,室町時代には細川氏が守護。同末期に長宗我部氏が支配。
→関連項目高知[県]四国地方長宗我部氏土佐国蠧簡集幡多荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

とさのくに【土佐国】

現在の高知県全域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で南海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は中国(ちゅうこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の南国(なんこく)市におかれていた。平安時代中期に国司として当地に赴任した紀貫之(きのつらゆき)の『土佐日記』は有名。流刑地(るけいち)でもあり、土御門(つちみかど)天皇、尊良親王(たかよししんのう)らが配流された。鎌倉時代末期に北条(ほうじょう)氏が支配するが、南北朝時代以降は細川氏の領国となる。応仁(おうにん)の乱後、長宗我部(ちょうそかべ)氏、本山氏、安芸(あき)氏などが抗争を繰り広げたが、長宗我部元親(もとちか)が四国すべてを領有した。豊臣秀吉(とよとみひでよし)に敗れたのちは土佐一国のみを支配。江戸時代は山内氏の領有となった。幕末には武市瑞山(たけちずいざん)(武市半平太)、坂本竜馬中岡慎太郎らの志士が活躍した。1871年(明治4)の廃藩置県により高知県となった。◇土州(どしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とさのくに【土佐国】

旧国名。土州。現在の高知県。土左国,都佐国とも記す。
【古代】
 南海道に属する中国(《延喜式》)。ただし865年(貞観7)に介を加置され国司の構成は上国と変わらなくなった。《古事記》の国生み神話には〈建依別(たけよりわけ)〉という別称が記されている。《先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)》の国造本紀には波多国造として天韓襲命,土佐国造として小立足尼の名がみえ,律令制的な国の成立以前,この地は土佐・波多両国造の支配下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐国
とさのくに

四国南部の太平洋に面した旧国名。南海道に属す。現在の高知県。建依別(たけよりわけ)の別名があり(古事記)、古くは都佐、土左と書かれた。縄文遺跡は西部に多く、弥生(やよい)遺跡は東部に多い。古墳は中東部の長岡郡南部に集中する。天韓襲命(あめのからそのみこと)が波多(はた)の国造(くにのみやつこ)、小立足尼(ひじのすくね)が都佐の国造であったと『先代旧事本紀(くじほんぎ)』には記す。天武(てんむ)天皇13年(684)10月14日の大地震で50余万頃(しろ)(12平方キロメートル)が海没したという(日本書紀)。行政区画が定まり、幡多(はた)、吾川(あがわ)、土佐、安芸(あき)の4郡が設置、平安初期ごろまでに高岡、長岡、香美(かがみ)の3郡が新設されて7郡となる。『和名抄(わみょうしょう)』には7郡の下に43郷が記されている。国府は長岡郡に置かれ、紀貫之(きのつらゆき)の来任は有名。724年(神亀1)遠流(おんる)の国と定まったが、紀夏井(なつい)、藤原師長(もろなが)、源希義(まれよし)、土御門(つちみかど)上皇、尊良(たかなが)親王らは土佐へ配流された著名人である。土佐への官道は718年(養老2)、讃岐(さぬき)(香川県)、伊予(いよ)(愛媛県)から入るのを阿波(あわ)(徳島)から入るように改める。『延喜式(えんぎしき)』には上り35日下り18日、海路25日とみえ、田租は「正税公廨(くがい)各廿万束」とあり、調として帛(はく)、堅魚(かつお)、絹などが上納されている。「延喜式内社」は21社で、約半分は高知・香長(かちょう)平野に集中、古代寺院では、竹林(ちくりん)寺(高知市)、豊楽(ぶらく)寺などは行基(ぎょうき)が開いたといわれ、空海(くうかい)開基の伝承をもつ寺も多い。
 平安・鎌倉時代の荘園(しょうえん)の発達により7郡43郷の制は改変され、安芸郡の室津(むろつ)・奈半利(なはり)・田野・安田・和食(わじき)・安芸、香美郡の夜須(やす)・大忍(おおさと)・物部(ものべ)・吉原(よしはら)・田村、長岡郡の片山・介良(けら)・吾橋(あがはし)、土佐郡の一宮(いっく)・鴨部(かもべ)・神田(こうだ)・朝倉、吾川郡の吾川山、高岡郡の高岡・蓮池(はすいけ)・津野、幡多郡の幡多などのおもな荘園が成立した。守護地頭の設置で梶原朝景(かじわらともかげ)、佐々木経高(つねたか)、豊島朝経(ともつね)、三浦義村(よしむら)らが守護となったが、鎌倉末期には北条氏の手中に帰した。地頭では香美郡宗我(そが)・深淵(ふかぶち)郷の香宗我部(こうそがべ)、長岡郡の長宗我部(ちょうそがべ)、高岡郡の津野らが有名。南北朝の内乱以来、細川氏の守護領国となり、細川一族の頼益(よります)、満益、持益、勝益が守護代として田村荘にあって国内を支配した。応仁(おうにん)の乱(1467~77)後、群雄が割拠し、安芸、香宗我部、山田、本山(もとやま)、長宗我部、吉良(きら)、大平(おおひら)、津野らの諸氏が争ったが、1575年(天正3)長宗我部元親(もとちか)が国内を統一した。1468年(応仁2)一条教房(のりふさ)は自領の幡多荘中村に移り荘園から都市化への道を開いた。房家(ふさいえ)、房冬、房基、兼定(かねさだ)と4代を経たが、兼定は長宗我部氏に追放され、子内政(ただまさ)も元親に反し一条氏は滅んだ。元親は土佐統一後四国を制覇したが、1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉に敗れ土佐一国を安堵(あんど)され、国内の経営に専念した。掟書(おきてがき)(長宗我部元親百箇条)や地検帳(国指定重要文化財)はその成果であり、そのほか岡豊(おこう)文化ともいえる遺産を残した(岡豊は長宗我部氏の城地、現南国(なんこく)市)。
 関ヶ原の戦い後山内一豊(やまうちかずとよ)が国主となり高知城を築く。山内氏は1859年(安政6)の豊範(とよのり)襲封まで16代を数えるが、その間1612年(慶長17)には75か条の法令を定め、90年(元禄3)には「元禄大定目(げんろくおおじょうもく)」が定められ藩法による統治方針が規定された。藩政初期には野中兼山(けんざん)が手腕を振るい藩政の基礎が固まった。天文(てんぶん)年間(1532~55)吉良氏の保護下に発祥したといわれる南学(なんがく)は、闇斎(あんさい)学・谷派の学問として発展し、幕末土佐の勤王運動に影響を及ぼした。幕末には武市瑞山(たけちずいざん)、坂本龍馬(りょうま)、中岡慎太郎(しんたろう)、吉村虎太郎(とらたろう)らの志士が活躍し、明治維新への原動力となった。1871年(明治4)高知藩を改め高知県となり今日に至る。[山本 大]
『山本大著『高知県の歴史』(1969・山川出版社) ▽高知地方史研究会編『高知県歴史年表』(高知市民図書館・市民新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐国の関連キーワード淡路国阿波国能登国安房越後尾張紀伊高知佐渡土佐

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土佐国の関連情報