コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備忘勘定 びぼうかんじょう memorandum account

1件 の用語解説(備忘勘定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備忘勘定
びぼうかんじょう
memorandum account

簿記上の実際の取引ではないが,債務その他の事実の存在を明らかにする必要がある場合,特定の事項の備忘のために設定される特殊勘定のこと。 (1) 将来発生するかもしれない取引の可能性を準取引として対照勘定の形で記入する場合と,(2) 償却固定資産簿価 (取得原価減価償却累計額) がゼロとなって簿外資産となることのないように,ごく小額 (1円,1ドル) の金額で帳簿記入を行い,その資産の存在を明らかにする場合に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備忘勘定の関連キーワード空手形収支簿記其の実約定仮登記担保現物株式現物銘柄未払金勘定ロンドン外国為替市場直物取引(Spot)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone