簿外資産(読み)ぼがいしさん(英語表記)asset out of book; nonledger assets; off-the-book assets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

簿外資産
ぼがいしさん
asset out of book; nonledger assets; off-the-book assets

正規の会計処理を経て帳簿上は消滅したもので,なお使用価値を有し企業内に残されている固定資産消耗品などをいう。工具などの消耗品,機械設備や建物などの有形固定資産のなかには消費されたものとして処理されたり,償却済みとなった場合でもなお使用できるものも多い。また他の一部の資産 (前払費用,未収収益) のなかには,金額が微小で重要性に乏しいものはそれを財務諸表に計上しないことを認められているものもある。しかしこのような本来の簿外資産とは別に実在する資産であるにもかかわらず帳簿外におかれる場合がある。それは,いわゆる粉飾など,不正または過失によって生じたものであり,元来正しい意味での簿外資産とはいえないが (これを秘密財産という名称のもとで区別する必要がある) ,実務では簿外資産を広義に解し,そのなかに含めることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼがいしさん【簿外資産】

消耗工具など、実際に所有しているが、会計上正規に処理されて帳簿に記載されていない資産。
不正な手段で得たり、脱税目的で帳簿に記載しない資産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android