儀平(読み)ぎへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

儀平 ぎへい

1762-1806 江戸時代後期の漂流民。
宝暦12年生まれ。陸奥(むつ)石巻(宮城県)の若宮丸乗組員。寛政5年仙台沖で遭難し,津太夫らとともにロシア領に漂着イルクーツクに7年あまり滞在し,ペテルブルグで皇帝アレクサンドル1世に対面。文化元年遣日使節レザノフにともなわれて西回りで長崎に帰着。はからずも世界一周した最初の日本人となった。文化3年9月3日死去。45歳。陸奥桃生(ものう)郡(宮城県)出身。姓は奥田。儀兵衛とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android