元嘉暦(読み)げんかれき(英語表記)Yuan-jia-li; Yüan-chia-li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元嘉暦
げんかれき
Yuan-jia-li; Yüan-chia-li

中国,南朝宋の何承天元嘉 20 (443) 年に作成した暦法。定朔望の採用を主張したが,反対にあって実行されなかった。しかし同 22年以後梁初までの暦はこれによって計算された。日本に伝えられた最古の暦法として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

げんかれき【元嘉暦】

443年(元嘉20)何承天が撰した暦。日本に伝えられた最初の暦法とされ、持統天皇の代に採用されたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんか‐れき【元嘉暦】

〘名〙 中国、南朝の宋の元嘉二〇年(四四三)に何承天が作った暦。日本最古の暦として五世紀頃から用いられたが、正式には持統天皇の代に使用された。文武天皇元年(六九七)まで使用されたかは不明。
※浄瑠璃・暦(1685)一「兼政はぎほうれき某はけんかれきをさし上しに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の元嘉暦の言及

【暦】より

…《日本書紀》には553年,欽明天皇の14年に百済(くだら)に対し暦博士や暦本を送るよう要請し,翌年2月に暦博士らの来朝が実現したとの記事があって,これが日本の文献に現れた暦の文字の初見である。このころ,百済では元嘉(げんか)暦が施行されていた。元嘉暦は(南朝の)宋で445年(元嘉22)から65年間用いられていたものであるが,百済ではその滅亡の661年まで行われていた。…

※「元嘉暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android