元璞慧珙(読み)げんぼく えきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元璞慧珙 げんぼく-えきょう

1373-1429 室町時代の僧。
応安6=文中2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)の法をつぎ,応永30年(1423)京都相国寺(しょうこくじ)住持。将軍足利義持の帰依(きえ)をうけ,等持院で義持の出家の師をつとめた。正長(しょうちょう)2年3月15日死去。57歳。道号は「げんはく」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android