コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元璞慧珙 げんぼく えきょう

1件 の用語解説(元璞慧珙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元璞慧珙 げんぼく-えきょう

1373-1429 室町時代の僧。
応安6=文中2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)の法をつぎ,応永30年(1423)京都相国寺(しょうこくじ)住持。将軍足利義持の帰依(きえ)をうけ,等持院で義持の出家の師をつとめた。正長(しょうちょう)2年3月15日死去。57歳。道号は「げんはく」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

元璞慧珙の関連キーワード足利義教足利義教他魯毎永享正長航空特殊無線技士菊池武光紫禁城赤松満祐李芸

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone