正長(読み)ショウチョウ

大辞林 第三版の解説

しょうちょう【正長】

平安初期、公営田くえいでんの現地の責任者。地方の有力農民が任じられた。せいちょう。

しょうちょう【正長】

年号(1428.4.27~1429.9.5)。応永の後、永享の前。称光・後花園天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうちょう【正長】

日本の元号(年号)。室町時代の1428年から1429年まで、称光(しょうこう)天皇、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は応永(おうえい)。次元号は永享(えいきょう)。1428年(応永35)4月27日改元。称光天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。正長年間の室町幕府の将軍は足利義教(よしのり)(6代)。5代将軍の足利義量(よしかず)は、1425年(応永32)に嗣子がないまま19歳で没した。父の足利義持(よしもち)(4代将軍)が次期将軍の指名を拒否したため難航し、1428年(正長1)に石清水八幡宮でのくじ引きにより将軍を選定するという異常事態になった。くじ引きの結果、義量の弟の義円(還俗して足利義宣(よしのぶ)、その後義教)が次期将軍に選ばれた。義教が「籤(くじ)引き将軍」と呼ばれるのは、こうした事情による。後花園天皇により義教の征夷大将軍宣下が行われたのは1429年(正長2)。4年にわたり将軍職は空位だった。一方、朝廷では1428年(正長1)に称光天皇が崩御し、後花園天皇が即位した。同年8月から9月にかけて、畿内一帯に大規模な農民一揆(正長の土一揆)が起こった。凶作や病気の蔓延で窮乏するなか、近江の馬借(ばしゃく)が徳政を求めて起こした一揆が、大規模な農民一揆に発展。この一揆は農民が起こした初の一揆といわれた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正長の関連情報