コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松囃子 まつばやし

4件 の用語解説(松囃子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松囃子
まつばやし

室町時代以降盛んに行われた初春の祝儀芸能。「松拍」「松奏」などとも書く。村人,町衆,侍衆などがそれぞれ集団をつくり,諸邸に参入して行なった風流 (ふりゅう) を伴う祝賀の歌舞で,将軍邸には唱門師が訪れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつ‐ばやし【松×囃子/松拍子】

室町時代に盛行した初春の祝福芸。唱門師(しょうもんじ)などの専業芸人のほか、村人・町人・侍などが、幕府や諸邸を回って種々の芸能を演じ、祝い言を述べたもの。現在も民俗芸能として九州に残る。
江戸時代、正月2日(のち3日)の夜、幕府で諸侯を殿中に召して行った謡初(うたいぞ)めの儀式。町家もこれに倣った。 新年》「音曲や声のはつはな―/重頼

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつばやし【松囃子】

中世に行われた芸能。室町時代,年頭に禁裏や室町御所など上層者のもとに声聞師(しようもじ)や地下(じげ)の村人などが推参して演じた祝儀の囃し物で,松囃,松拍(子)とも書かれる。演者は声聞師や地下の村人のほかに廷臣,大名家の若党(あるいは大名自身),町女房,そして観世大夫と広範多岐にわたり,松囃子が演ぜられる場としては禁裏,御所のほかに,貴族や大名の邸宅などがあった。その芸態は羯鼓(かつこ),大鼓,鉦(かね),笛等を用いたこと以外はよくわかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松囃子
まつばやし

正月の祝言に行われた芸能。下位者が上位者の家に参って行うもので、遅くとも室町時代中期に始まり江戸時代まで行われたが、今日では狂言(和泉(いずみ)流)の演目に残るほか、民俗芸能や年中行事に痕跡(こんせき)をとどめているにすぎない。松囃子はもと年の暮れに年神を迎えるための松を伐(き)ってくる松迎えに起源するものらしく、魂の分割、増殖、鎮魂を意味する「はやし」の語が用いられたようだが、歌舞音曲用語の「囃子」に転用され、松拍、松奏とも書かれた。室町時代のものは風流(ふりゅう)的色彩の濃いもので、宮中、幕府、上流諸家に参って行われた。公卿(くぎょう)や大名が演じた例もあるが、多くは地下(じげ)(領民)の松囃子、殿原(とのばら)(公卿侍)の松囃子、郎党(武家)の松囃子、町女房の松囃子、声聞師(しょうもんじ)(神人(じにん))の松囃子などで、それぞれに飾り、仮装、舞踊、能、舞々(まいまい)などを競った。江戸時代は正月3日の将軍家で行われる能楽各流による演能の儀を松囃子と称した。今日の民間行事として、日取りこそ正月でなくなったが、風流系の松囃子の博多(はかた)どんたく(5月3~4日、福岡市)と、能楽系の松囃子の菊池神社御松囃子能(10月13日、熊本県菊池市)などがある。左義長(さぎちょう)を松囃子とよぶ例もあるが(新潟県佐渡(さど)市)、宮中でも左義長のおりに松囃子が催されたことがあった。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松囃子の言及

【祝福芸】より

…古代には〈ほかいびと〉(ほかい)と呼ばれ,家々の門(かど)に立って祝言を述べ,その代償として物を乞う存在があった。中世になると千秋万歳(せんずまんざい),物吉(ものよし),松囃子などといった祝言職が現れ,年の初めに禁中や諸寺,諸家に伺候して祝福の芸を演じ,また村々をめぐり歩いた。江戸時代になると祝言職の種類がさらに増え,万歳節季候(せきぞろ),うばら,つるそめ,えびす舞,大黒舞太神楽春駒鳥追などと多種多様になり,年末から年始にかけて諸国をめぐり歩き,訪問先で祝福芸を演じて生活の糧を得た。…

【どんたく】より

…例年5月3,4日に行われる〈博多どんたく祭り〉で,オランダ語のZontag(休息日)から出たとも,〈松どのや松どのや〉と囃したことからつけられたともいう。古くは1月15日に行われ,松囃子と称した。室町時代の松囃子を習い伝えたものといわれ,今も豪華な傘鉾(かさぼこ)とともに伝統の福神,恵比須,大黒,稚児に扮した仮装風流(ふりゆう)の練りが祭りの中心となっている。…

※「松囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松囃子の関連キーワード小歌唱門師舞々小笠懸上覧相撲宝引き美濃彫世に行われる臨時の祭意雲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松囃子の関連情報