コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

充文 あてぶみ

世界大百科事典 第2版の解説

あてぶみ【充文】

充(宛)行状(あておこないじよう∥あてがいじよう)ともいう。古代より近世へかけて土地や所職を給付するとき,給付者より発せられる文書。武家社会では下文(くだしぶみ),判物書下,印判状などを用いることも多い。文書の冒頭あるいは本文中に充(宛)行文言がみえるものが多いが,〈可被全領知〉〈可有知行〉〈知行無異儀〉などの文言のことも少なくない。またこのような文言を欠くときもある。平安時代の充文の一例:〈宛行 家地山畠事 在阿弥陀院之内 四至(限東谷,限西大路,限南慶楽中垣,限北峯) 堂壇以北譲与於秀恵了,右件家地依政所之仰,僧春能宛行之状如件,嘉承二年(1107)十一月廿日 大法師(花押)〉(《平安遺文》1680)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

充文の関連キーワード宛行状(あておこないじょう)充行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android