コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先例拘束性 せんれいこうそくせいstare decisis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先例拘束性
せんれいこうそくせい
stare decisis

ある判決で示された法理がのちの判決で踏襲されていく場合,この判決はのちの判決に対して先例としての拘束性をもっているという。厳密な意味の先例拘束性とはこれをいう。議会立法と同程度に裁判所の判決 (非制定法) すなわちコモン・ローが法を形成してきたイギリス,アメリカなどの判例法国では,いわゆるこの先例拘束性の大原則が認容され,判決が一つの法源として作用している。日本では法律上これを認めていないが,議会や行政府また裁判所の訴訟手続上の実務において,先例によって事案を決定する慣行がある。したがってイギリス,アメリカのような諸国における法の大原則の一つとしてばかりでなく,多くの諸国においても,先例は実際上大きな支配力をもつ規範として作用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

先例拘束性の関連キーワードレシオ・デシデンダイイギリス法英米法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android