コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天図 せんてんず Xiān tiān tú

1件 の用語解説(先天図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんてんず【先天図 Xiān tiān tú】

中国,北宋の思想家邵雍(しようよう)(康節)が作成した図表。彼は《易経》が今の形にまとめられる以前に,伏羲(ふくぎ)が作った原初的な易があったはずだと考え,それを〈先天易〉と呼んでのちの〈後天易〉と区別し,それをいくつかの図によって復元しようとした。彼のこの特異な易学は朱熹(しゆき)(子)に摂取されたが,清の黄宗羲や胡渭などから批判を浴びた。図2に掲げたのは先天図の代表的なもので,《易》説卦(せつか)伝にもとづく,いわゆる後天図(図1)とは卦の方位が異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

先天図の関連キーワード王陽明尸子周敦頤朱熹邵雍張載程頤程顥欧陽脩釣道具

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone