コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天図 せんてんずXiān tiān tú

世界大百科事典 第2版の解説

せんてんず【先天図 Xiān tiān tú】

中国,北宋の思想家邵雍(しようよう)(康節)が作成した図表。彼は《易経》が今の形にまとめられる以前に,伏羲(ふくぎ)が作った原初的な易があったはずだと考え,それを〈先天易〉と呼んでのちの〈後天易〉と区別し,それをいくつかの図によって復元しようとした。彼のこの特異な易学朱熹(しゆき)(子)に摂取されたが,清の黄宗羲胡渭などから批判を浴びた。図2に掲げたのは先天図の代表的なもので,《易》説(せつか)伝にもとづく,いわゆる後天図(図1)とは卦の方位が異なっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android