先天性僧帽弁閉鎖不全(症)(読み)せんてんせいそうぼうべんへいさふぜんしょう

  • 先天性僧帽弁閉鎖不全

家庭医学館の解説

 僧帽弁の閉鎖不全がある場合をいいます。弁下組織の異常、あるいは弁膜(べんまく)の異常(断裂やすき間など)があり、左心室(さしんしつ)、左心房(さしんぼう)の拡大をともないます。
 治療は、内科的治療が行なわれますが、内科的治療で効果がみられない場合は、手術が行なわれます。子どもの場合には、弁形成術が行なわれることが多いものです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android