コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性僧帽弁閉鎖不全(症) せんてんせいそうぼうべんへいさふぜんしょう

1件 の用語解説(先天性僧帽弁閉鎖不全(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいそうぼうべんへいさふぜんしょう【先天性僧帽弁閉鎖不全(症)】

 僧帽弁の閉鎖不全がある場合をいいます。弁下組織の異常、あるいは弁膜(べんまく)の異常(断裂やすき間など)があり、左心室(さしんしつ)、左心房(さしんぼう)の拡大をともないます。
 治療は、内科的治療が行なわれますが、内科的治療で効果がみられない場合は、手術が行なわれます。子どもの場合には、弁形成術が行なわれることが多いものです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性僧帽弁閉鎖不全(症)の関連キーワード神経管閉鎖障害僧帽弁僧帽弁閉鎖不全症MI狭窄症僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症投売り閉鎖不全症リヴェロ‐カルヴァロ効果

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone