コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性耳瘻孔 せんてんせいじろうこう Congenital Aural Fistula

1件 の用語解説(先天性耳瘻孔の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいじろうこう【先天性耳瘻孔 Congenital Aural Fistula】

[どんな病気か]
 両方の耳の孔(あな)の上のほうに見られるくぼみや孔で、それをゾンデ(袋状のものを探る棒状の器具)でたどると、耳の軟骨の上を細長い袋のように2~3cmくらい後方にむかって伸びる盲管(もうかん)になっています。多くは生まれたときから存在します。
 その孔のところに黄色い栓(せん)のようなものがあったり、炎症をおこして孔の周囲が赤く腫(は)れ、孔から膿(うみ)が出たり、痛んだりすることがあります。
[治療]
 これらの症状を何回もくり返す場合は、この盲管をまわりから剥離(はくり)して取ってしまう摘出術(てきしゅつじゅつ)を行なうと、根治します。
[日常生活の注意]
 炎症がおこらないように耳を清潔にし、腫れや痛みが軽いうちに薬の内服などで炎症の増悪(ぞうあく)を防ぎましょう。
 あまり頻繁(ひんぱん)に炎症をくり返すと、皮膚炎が広がり、摘出術を行なう際の切開などの妨げになったり、目立つ傷跡が残ったりすることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性耳瘻孔の関連キーワード何心地針の穴不死身プリマドンナ奴頭病は気から両軍両脇兎結び中耳炎 (otitis media)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone