コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光の散乱 ひかりのさんらんscattering of light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光の散乱
ひかりのさんらん
scattering of light

光が原子分子,または微粒子などに当って,入射方向と異なるいろいろな方向へ進む現象。一般に,原子や分子の起す散乱で,入射光と散乱光の波長が等しい散乱をレイリー散乱といい,入射光の波長に対して散乱光の波長がずれている場合をラマン散乱 (→ラマン効果 ) という。ケイ光散乱やトムソン散乱など特殊な散乱もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光の散乱の関連キーワードラマン(Chandrasekhara Venkata Raman)ガイガー(Hans Wilhelm Geiger)ティンダル現象スペース望遠鏡シグモンディーブリルアン散乱コロナグラフチンダル現象稲田の御光空(そら)フルスト臨界現象ちりちり気象光学コロイドレイリーミー散乱コロナガラス夕焼け

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光の散乱の関連情報