コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光の散乱 ひかりのさんらんscattering of light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光の散乱
ひかりのさんらん
scattering of light

光が原子分子,または微粒子などに当って,入射方向と異なるいろいろな方向へ進む現象。一般に,原子や分子の起す散乱で,入射光と散乱光の波長が等しい散乱をレイリー散乱といい,入射光の波長に対して散乱光の波長がずれている場合をラマン散乱 (→ラマン効果 ) という。ケイ光散乱やトムソン散乱など特殊な散乱もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光の散乱の関連キーワードラマン(Chandrasekhara Venkata Raman)ガイガー(Hans Wilhelm Geiger)ティンダル現象シグモンディーブリルアン散乱スペース望遠鏡チンダル現象コロナグラフ稲田の御光空(そら)コロイドフルストちりちりレイリー臨界現象気象光学ミー散乱比色計夕焼けラマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光の散乱の関連情報