光の陰(読み)ヒカリノカゲ

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐の‐かげ【光の陰】

《「光陰(こういん)」を訓読みにした語》月日。また、時間。歳月。
「物ごとに遮る眼の前、―をや送るらん」〈謡・石橋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひかり【光】 の 陰(かげ)

月日のこと。また、時間をいう。光陰(こういん)
※車屋本謡曲・朝長(1432頃)「光の陰を惜しめども、月日の数のほどふりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

光の陰の関連情報