光陰(読み)こういん

精選版 日本国語大辞典「光陰」の解説

こう‐いん クヮウ‥【光陰】

〘名〙 (「光」は日、「陰」は月)
月日年月歳月。とき。
※続日本紀‐養老六年(722)一一月丙戌「光陰不駐」
※米沢本沙石集(1283)「時にあたりては光陰(クヮウイン)を惜しまず」 〔李白‐春夜宴従弟桃花園序〕
② 光と影。日光と月光。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・歳暮言志〈藤原茂明〉「光陰天沍水封硯。二八夜深月満
謡曲・融(1430頃)「月もはや、影傾きて明け方の、雲となり雨となる、この光陰に誘はれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「光陰」の解説

【光陰】こう(くわう)いん

年月。・李白〔春夜、桃李園に宴するの序〕夫(そ)れ天地物の(げきりよ)(宿)にして、光陰は百代客なり。

字通「光」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android