コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝長 トモナガ

世界大百科事典 第2版の解説

ともなが【朝長】

能の曲名。二番目物修羅物。作者不明。前ジテは青墓の宿(しゆく)の長(ちよう)。後ジテは源朝長の霊。朝長に縁の深い僧(ワキ)が,その死を弔うために美濃の青墓に赴くと,墓前で中年の女(前ジテ)を見かける。女は青墓の宿の長で,朝長を弔いに来ているのだといい,その死をしみじみと物語る。それは,平治の乱の敗戦で東国に落ちのびてきた源義朝の一行を,長は自分の家に泊めたが,重傷の次男朝長は父たちのことを考えて夜中に自害し,短い生涯を終えたといい(〈語り・上歌(あげうた)等〉),僧を自分の家に伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ともなが【朝長】

能の一。二番目物。世阿弥作か。旅の僧が、美濃国青墓の宿にある源朝長の墓前で宿の長おさに会い、長の家で回向えこうをすると朝長の霊が現れ、重傷のため自害して果てた様子を語る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝長
ともなが

能の曲目。二番目・修羅(しゅら)物。五流現行曲。観世元雅(かんぜもとまさ)作とも。出典は『平治(へいじ)物語』の「義朝(よしとも)青墓(あおはか)に落ち着く事」。平治の乱で平清盛(きよもり)に敗れ、落武者となった源義朝父子。義朝の第二子朝長は膝(ひざ)の負傷のため父の手にかかるが、能では自害として描いている。朝長の養育係だった男(ワキ)が、僧に身をやつして美濃(みの)国青墓にやってくる。親子をかくまい、朝長の最期をみとった青墓の長者(遊女宿の女将(おかみ)。前シテ)とその僧が朝長の墓前で出会い、長者は朝長の悲痛な死を語り、わが家へ僧を導く。弔いに引かれて朝長の霊(後(のち)シテ)が現れ、敗戦の模様と修羅道に落ちたありさまを語り、回向(えこう)を願って消える。前シテが庇護(ひご)者であり悲劇の目撃者である年輩の女性、後シテは運命に死ぬ年少の武者、この対比がむずかしく、『実盛(さねもり)』『頼政(よりまさ)』とともに三修羅とよばれ、重い能とされる。とりわけ観音懺法(かんのんせんぽう)の仏事を模した「懺法」の演出は、常とは違う低い調子で演奏される太鼓の役の秘事となり、諸役ともに重い習いである。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝長の言及

【懺法】より

…真言系には懺法はないが,《金剛界礼懺(れいさん)》《胎蔵界礼懺》がこれに相当すると考えられる。(2)能《朝長(ともなが)》の小書(こがき)(変型演出の名)。後ジテ源朝長の霊の出の囃子事(はやしごと)は,通常は〈出端(では)〉だが,それをまったく別の〈懺法〉に変える。…

※「朝長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝長の関連キーワード待賢門平治合戦波多野義常柿本 豊次小寺 金七荒木十畝中原久経藤原宗行観音懺法楠木正儀高橋 進柿本豊次小山長村朝長直治小山長政宮仕え老年期実盛鎌田十六長者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝長の関連情報