光受容(読み)こうじゅよう(英語表記)photoreception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光受容
こうじゅよう
photoreception

光を刺激として受容することをいう。動物では普通は視覚器官で行われる。視覚器は動物の種類によって著しく異なっている。ミミズナマコなどでは光を感じる細胞が皮膚に広く分布している。昆虫や甲殻類では多数の個眼が集合した複眼をもっており,複全体で1個の完全な像を形成する。脊椎動物では網膜内に錐状体と杆状体の2種の細胞がある。光刺激を受けると素層の視物質が化学反応を起し,のちに視細胞が興奮する。植物の光周性では,葉が光受容を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光受容の関連情報