コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光受容 こうじゅようphotoreception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光受容
こうじゅよう
photoreception

光を刺激として受容することをいう。動物では普通は視覚器官で行われる。視覚器は動物の種類によって著しく異なっている。ミミズナマコなどでは光を感じる細胞が皮膚に広く分布している。昆虫や甲殻類では多数の個眼が集合した複眼をもっており,複全体で1個の完全な像を形成する。脊椎動物では網膜内に錐状体と杆状体の2種の細胞がある。光刺激を受けると色素層の視物質が化学反応を起し,のちに視細胞が興奮する。植物の光周性では,葉が光受容を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

光受容の関連キーワード光生物学(こうせいぶつがく)外受容性反射レチノイン酸ハートライン色(いろ)オモクロム偏光受容目(め)体色変化棒細胞葉緑素暗所視薄明視明所視松果体受容体三色説脈絡膜受容器感覚

光受容の関連情報