コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光子内親王(2) みつこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光子内親王(2) みつこないしんのう

1634-1727 江戸時代前期-中期,後水尾天皇の第8皇女。
寛永11年7月1日生まれ。母は逢春門院。寛永15年内親王となる。延宝8年出家して照山元瑶(げんよう)といい,京都修学院に林丘寺をひらく。観音像を数千幅えがき,人々にほどこしたという。享保(きょうほう)12年10月6日死去。94歳。幼称は緋(朱)宮(あけのみや)。号は普明院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

光子内親王(2)の関連キーワード後水尾天皇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android