コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトス マトス Matos Guerra, Gregório de

3件 の用語解説(マトスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトス
マトス
Matos Guerra, Gregório de

[生]1633. バイアサルバドル
[没]1696. ペルナンブコ,レシフェ
ブラジルバロック詩人。ポルトガルコインブラ大学を卒業,リスボンの近くで裁判官となったが,1681年ブラジルへ戻り,バイアで助祭となった。痛烈な風刺精神でブラジルのポルトガル人,新興成金を批判し,そのためアンゴラへ追放され,帰国後はペルナンブコで晩年を過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

マトス Matos, Gabriel de

1571-1634 ポルトガルの宣教師。
イエズス会司祭。慶長5年(1600)来日。長崎のトードス-オス-サントス教会修練長補佐,博多の上長,京都の下京住院院長などをつとめる。19年ローマ派遣日本管区代表にえらばれ離日。1621年日本と中国の巡察師となったが,再来日はせず,1634年1月9日マカオで死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

マトス

没年:1634.1.9(1634.1.9)
生年:1572頃
ポルトガル人イエズス会士。慶長5(1600)年来日,長崎でトードス・オス・サントス教会にあった修練院における修練長補佐を経て,筑前国(福岡県)秋月の教会主任として柳川,博多のキリシタンを指導した後,管区長カルヴァリョの秘書。同18年から京都の院長に着任したが,翌年江戸幕府の追放令によって長崎に下った。同年10月長崎で開かれた管区会議で,日本の状況を報告する管区代表に選ばれ,11月追放される宣教師とともにマカオへ渡り,1617年ローマに到着,任務を果たした。再び日本に戻ることを願いながら,遂にマカオのコレジョ(学院)で没したが,その間,日本および中国の巡察師に任じられている。<参考文献>J.F.Schu¨tte《Textus Catalogorum Japoniae 1553~1654》

(片岡千鶴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マトスの関連キーワードノブレガイエズスイエズス会士日本通信イエズス会士パシェコボルジェスメンドンサカルバリョイエズス会士追放《イエズス会士日本通信》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マトスの関連情報