コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林丘寺 りんきゅうじ

3件 の用語解説(林丘寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林丘寺
りんきゅうじ

京都市左京区修学院にある尼寺。聖明山と号する。もとは臨済宗天竜寺派に属していたが,現在は単立宗教法人後水尾天皇 (在位 1611~29) と皇女のために修学院離宮の中の茶屋を仏寺としたもので,代々皇女が入寺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りんきゅう‐じ〔リンキウ‐〕【林丘寺】

京都市左京区にある単立宗教法人(もと臨済宗天竜寺派)の尼寺。山号は、聖明山。修学院離宮の正殿楽只軒(らくしけん)を寺とし、後水尾天皇の皇女光子内親王が出家して入寺したのが始まり。歴代の宸翰(しんかん)、高僧の墨跡が多く残っている。音羽御所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林丘寺
りんきゅうじ

京都市左京区修学院(しゅうがくいん)林ノ脇(はやしのわき)にある単立宗教法人の尼寺。もと臨済(りんざい)宗天竜寺派に属した。山号は聖明山。俗に音羽御所(おとわごしょ)ともいう。もと後水尾(ごみずのお)天皇の修学院離宮の正殿で、楽只軒(らくしけん)と号した。1680年(延宝8)天皇が崩御され、遺勅により仏寺となり、皇女朱宮光子(あけみやこうこ)内親王が出家して照山元瑤(しょうざんげんよう)と名を改め、翌年当寺の住持となった。その後3世まで皇女の入住があったが、桃園(ももぞの)天皇の皇女博山(はくさん)尼を最後に寺主は置かれなかった。江戸時代には朱印300石を領して比丘尼(びくに)御所としての格式を保持し、明治維新の際に、一時男僧寺院とされたが、まもなく尼寺に復した。1884年(明治17)寺地の約半分を宮内省に返上。旧寺地の客殿、楽只軒などは現在修学院離宮の茶屋となっている。古来林泉の美をもって知られ、寺宝に紙本墨書林丘寺御手鑑(みてかがみ)(重文)などを蔵する。[平井俊榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の林丘寺の言及

【修学院離宮】より

…1655年(明暦1)着工され,上皇みずからの構想のもと,59年(万治2)に下の御茶屋,2年後の61年(寛文1)に上の御茶屋の大池ができ,上皇は理想の山荘を完成させた。ただし中の御茶屋は1884年に林丘寺境内の約半分が離宮に編入されたものである。 下の御茶屋は山荘利用の拠点で,寿月観(じゆげつかん)(上皇の御座所)を中心とする諸建築が建ち並び,これに面して小滝からの遣水(やりみず)がめぐって下方の池にそそぐ,小ぢんまりとした庭が作られた。…

※「林丘寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林丘寺の関連キーワード京都府京都市左京区一乗寺小谷町京都府京都市左京区岩倉上蔵町京都府京都市左京区頭町京都府京都市左京区黒谷町京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町京都府京都市左京区下鴨森本町京都府京都市左京区杉本町京都府京都市左京区難波町京都府京都市左京区福本町京都府京都市左京区八瀬秋元町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林丘寺の関連情報