コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ サンゴ coral

翻訳|coral

2件 の用語解説(サンゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴ
サンゴ
coral

広義には刺胞動物門花虫綱に属する種類の総称。多くの個体がお互いに接している集合住宅のような群体サンゴ一戸建て住宅のような単体サンゴがある。生活史を通してポリプ型のみで,クラゲ型の時期はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンゴ
さんご / 珊瑚
coral

腔腸(こうちょう)動物門花虫(かちゅう)綱八放サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科に属する海産動物、またはその動物の形成した骨軸。広い意味では、同じく花虫綱六放サンゴ亜綱のイシサンゴ目やツノサンゴ目の種をも含むことがあり、もっとも広くは花虫綱に属する動物の総称とすることもあり、ヒドロ虫綱のヒドロサンゴ類と対比される。もっとも狭い意味のサンゴは、ほかのサンゴ類と区別するために、真正サンゴあるいは貴重サンゴとよばれることもある。[内田紘臣]

形態

羽状突起のある8本の触手をもつことを特徴とする八放サンゴ亜綱のなかで、骨軸を形成するヤギ目は、その骨軸の性質から二つのグループに分けられる。その一つは、骨片が角質によって膠着(こうちゃく)された骨軸をもつ骨軸類で、他方は角質のみが層状に積み重なった全軸類である。骨軸類のなかで、骨軸に結節をもたず、ポリプ(個虫(こちゅう)、サンゴ虫(ちゅう)ともよばれる)が通常個員と管状個員の2型をもち、骨軸中の骨片が炭酸石灰で膠着され、骨片と膠着物質が癒着して硬い骨軸を形成するのがサンゴ科である。
 群体は樹状となり、石灰質の硬い骨軸上に比較的薄い共肉である皮部があり、この中に遊離した骨片が散在する。皮部のところどころにポリプが埋まる。個虫には、大形で8本の羽状触手をもつ通常個員と、小形で触手をもたないいぼ突起状の管状個員の2型がある。通常個員はその触手で餌(えさ)を取り込む栄養摂取をつかさどり、管状個員は皮部内の海水の交換を担う。皮部には骨軸に接するように縦走する数本の縦走脈管があり、皮部内にはそのほかに網目状の脈管が走り、個虫の胃腔(いこう)と縦走脈管とを連絡する。各個虫は、縦走脈管と網状脈管によって互いに連絡されているため、ある個虫の摂取した栄養はほかの個虫にも行き渡ることになる。[内田紘臣]

生態

サンゴ類は、通常、水深100~700メートルの、海水が透明で光の射し込む岩礁上に固着するが、種によっては水深30メートルくらいの浅い所にも生育する。[内田紘臣]

発生

個虫の胃腔内に放射状に配列する8枚の隔膜下端に発達した生殖巣中に、卵および精子がつくられる。母個虫の胃腔内で受精した卵は発生が進み、孵化(ふか)後、楕円(だえん)体で全面に繊毛の生えたプラヌラ幼生となって母体の口から泳ぎ出る。プラヌラ幼生は適当なところを選んで付着後、変態して小さなイソギンチャクのような個虫となる。この初虫が無性的に出芽を繰り返し、内部に骨軸を形成して、ついには大きな樹状群体となる。[内田紘臣]

分類

サンゴ科はサンゴ属Coralliumで代表される。この属には18種が知られ、地中海、大西洋、太平洋、インド洋に分布する。もっとも古くから知られている地中海産のベニサンゴC. rubrumは、ギリシア時代から装飾用に用いられている。日本沿岸にはアカサンゴ、シロサンゴ、モモイロサンゴが分布し、これらの骨軸はともに装飾用に供される。骨軸が装飾用として用いられるおもなサンゴは以上の4種であるが、日本にはそのほかに利用されないサンゴとしてミゾサンゴC. sulcatumなど3種を産する。そのほか、ハワイ諸島に骨軸が桃色のC. secundum、アフリカ北西岸のマデイラ島に骨軸が白色のC. johnsoniC. tricolorおよびC. maderenseの3種を産し、マダガスカル島東方のモーリシャス島に骨軸の白いC. stylasteroidesを産し、それぞれ装飾用として利用されるが量は少ない。さらにオーストラリア北岸のチモール海、マレー半島、キューバ島などから別の種が知られる。地中海産のベニサンゴは通常個員に生殖腺(せん)が発達するが、日本産のサンゴは管状個員に生殖腺が発達する。サンゴの化石は少なく、中生代白亜紀と新生代第三紀中新世から知られる。[内田紘臣]

研究の歴史

サンゴは、古来植物だと信じられていた。19世紀なかばまでサンゴといえば地中海産のベニサンゴ1種のみが知られていた。そのため、それまでの記録はすべてこの種について述べられたものである。ギリシアのテオフラストスTheophrastos(前372ころ―前288ころ)やローマ時代のディオスコリデスP. Dioscolids、プリニウスG. Plinius Secundus(23―79)はサンゴを植物としていた。このことは18世紀までも続いていた。フランスのトルネフォルトTournefortは1700年に、「海底に生える植物の観察」という論文のなかでサンゴを植物とした。続いてフランスのマルシリ伯L. F. comte de Marsilli(1658―1730)は1725年に、サンゴを海水中で観察して、サンゴは花が咲くことを発見、サンゴはまさしく植物であると発表した。ついで当代随一の科学者であったフランスのレオミュールR. A. F. de Raumur(1683―1757)は1727年に、サンゴは植物の生成した物質であると主張した。
 マルセイユに生まれたペイソネルJ. A. de Peyssonnel(1694―?)は、1723年にマルセイユでサンゴの研究を始め、25年には北アフリカのバルバリア地方へ行ってサンゴの研究を続けた。その結果、いままでサンゴの花と称していたものは本当はイソギンチャクに似た小さな動物であり、萼(がく)としていたところはこの小動物の体であること、さらに触手を動かすことを発見し、サンゴは動物であるとして師のレオミュールに報告した。しかし、レオミュールはこの見解に従服せず、ペイソネルを本国に呼び戻そうとした。失望したペイソネルは1726年に遠く西インド諸島アンティルのグアドループ島に逃避し、そこで外科医をしながら、その地方に豊富な花虫類の研究を続けた。そして、1727年に彼のそれまでの発見をパリの科学会へ報告したが、レオミュールや当時の有名な植物学者ジュシューB. de Jussieu(1699―1777)などに受け入れられず、注目を浴びなかった。ペイソネルは、さらに1744年に「サンゴについての概論」という長い論文をフランスの科学会に提出したが、これも日の目をみずに忘れ去られた。しかし、1753年にロンドンの王立協会から彼の論文の要約の英訳が発表されるに至って、彼の観察および発見は正当に評価されるに至った。ここにサンゴが動物であることが一般に認められ、サンゴ植物説をとっていたレオミュールもこれを認め、サンゴの個虫をポリプpolypと名づけ、その動物の生産した骨軸をサンゴとよぶことにした。なお、1744年に脱稿したペイソネルの大著は、実に約1世紀後の1838年にパリの自然史博物館の図書館から発見された。
 その後、フランスのラカーズ・デュティエF. J. H. de Lacaze-Duthiers(1821―1901)はフランス政府の命令によりサンゴの生物学的研究を行い、1863年に「珊瑚の自然史」という論文を発表し、サンゴの形態・生態や発生・生活史を明らかにした。[内田紘臣]

利用

サンゴは紀元前のギリシア時代から武器の装飾用とされたのをはじめ、それ以後ヨーロッパで宝石として珍重されている。それは、地中海のイタリア沿岸やサルデーニャ島付近の海底から採取されたベニサンゴの骨軸を加工したものであった。ベニサンゴは高さ20~30センチメートルの樹状群体をつくり、骨軸は赤色からピンクまでいろいろである。イタリア南西部、シチリア島、サルデーニャ島、および旧ユーゴスラビアのクロアチアなどや、ギリシア、アルジェリアの各沿岸にはベニサンゴの礁がみられたが、採取が進み、ベニサンゴが礁をつくっている場所は少なくなっている。ベニサンゴの原料不足に伴って、イタリアのサンゴ細工は原料を日本から大量に輸入している。シチリア島、サルデーニャ島、ナポリ湾では現在もベニサンゴの採取を行ってはいるが、かつてほど盛んではない。
 日本は元来、宝石類の産出に乏しく、サンゴは真珠とともに七宝の一つとして珍重されていた。江戸時代まではサンゴはヨーロッパから移入されたもので、地中海のベニサンゴの骨軸を加工したものである。これは古渡(こわたり)サンゴとよばれ、明治以後の日本近海で採取されたサンゴからの細工物と区別されている。しかし、幕末ごろに土佐沿岸の釣り縄にサンゴがかかり始め、土佐藩はこれを幕府に知られないように秘密にしていたが、明治維新後は公然と採取が行われるようになり、産地も四国から九州にかけて広く分布することがわかり、これらの地方の重要な水産物となった。明治末期に水産庁の技師をしていた岸上鎌吉(きしのうえかまきち)と北原多作(きたはらたさく)は、日本近海のサンゴの生物学的および水産学的研究を行い、日本沿岸に大量のサンゴが産することが世界に知れ渡り、大正末まで盛んにサンゴの採取が行われた。これらのサンゴの骨軸(原木)は細工用に大量にイタリアに輸出された。イタリアに次ぐ輸出先は中国と香港(ホンコン)であった。そのころの主産地は土佐沖がもっとも多く、ついで鹿児島県から五島(ごとう)列島沿岸であり、その後、相模(さがみ)湾、伊豆諸島、小笠原(おがさわら)諸島、台湾にも発見された。
 サンゴは、硬度3.5、比重2.7で3月の誕生石である。日本ではアカサンゴがもっとも多く採取されるが、もっとも深い所に産するモモイロサンゴは色彩・質ともに珍重される。サンゴの骨軸は数珠(じゅず)、指輪、ネックレス、ブローチ、カフスボタン、ネクタイピン、イヤリング、ブレスレット、帯留、かんざし、羽織紐(ひも)、風鎮(ふうちん)などに加工される。[内田紘臣]

民俗

サンゴは、ヨーロッパでは宝石として珍重されるほか、呪術(じゅじゅつ)的効果が注目を集めてきた。サンゴを掛けておいたり、身に着けたりすると、人間関係の不和や魔物の影響を防ぐといわれ、ローマ人には子供の災難除(よ)けにサンゴの首飾りを用いる風習があった。アジアでも、インドや中国で神像をサンゴで飾るのは、サンゴの魔除けの力で神像を守るためであったという。中世ヨーロッパでは、サンゴはたいせつな薬剤で、患部をこする治療法や、粉末にして内服薬、あるいは外用薬として用いる方法が行われ、心身両面にわたって、あらゆる病気に効能があると考えられた。ベニサンゴの色から血液とのかかわりも強調され、中国でも止血剤として知られていた。日本でもかつて高知県などで、粉末が薬として売られたことがあるという。種類により特別な意味が与えられていることもあり、イタリアではシロサンゴはよいことをもたらすとされた。日本で古くからサンゴがとれた高知県幡多(はた)郡大月町には、お月岬(みさき)(朴崎(ほおざき))にちなむ「お月さん桃色、だれがいうた、海人(あま)がいうた、海人の口さけ」という民謡があった。「桃色」はモモイロサンゴのことで、土佐藩がサンゴ漁を極秘にしたことをうたったものと伝える。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンゴの関連キーワード花虫類クシクラゲヤギ刺胞動物動物界軟体類キュウチュウ(吸虫)サンゴ(珊瑚)ゾウ(象)イソギンチャク(磯巾着)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンゴの関連情報