光度関数(読み)こうどかんすう(英語表記)luminosity function

世界大百科事典 第2版の解説

こうどかんすう【光度関数 luminosity function】

宇宙空間の単位体積に存在する天体について,その絶対光度等級がMMdMとの間にある天体の数をf(M)dMとする。この場合にf(M)を光度関数という。散開星団や球状星団の光度関数は,銀河系空間で恒星が生まれる機構について研究するときに用いられ,銀河系の一般星野の恒星の光度関数は,恒星の銀河系空間における空間密度分布を推定する際に用いられる。銀河団の銀河の光度関数は,銀河の生成の機構を研究する際に有用である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android