コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光度関数 こうどかんすう luminosity function

1件 の用語解説(光度関数の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうどかんすう【光度関数 luminosity function】

宇宙空間の単位体積に存在する天体について,その絶対光度等級がMMdMとの間にある天体の数をf(M)dMとする。この場合にf(M)を光度関数という。散開星団球状星団の光度関数は,銀河系空間で恒星が生まれる機構について研究するときに用いられ,銀河系の一般星野の恒星の光度関数は,恒星の銀河系空間における空間密度分布を推定する際に用いられる。銀河団の銀河の光度関数は,銀河の生成の機構を研究する際に有用である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光度関数の関連キーワード一次宇宙線宇宙塵天体放射性同位体密度COSPAR宇宙空間宇宙雑音バレルブンゼンの吸収係数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone