コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光結合器 ひかりけつごうきphotocoupler

1件 の用語解説(光結合器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光結合器
ひかりけつごうき
photocoupler

フォトカプラともいう。1つの素子内に発光部と受光部をもち,電気的には絶縁され光学的には結合されているもの。電気入力が発光部で光に変えられ,この光が受光部で再び電気に変換される。発光ダイオードフォトトランジスタあるいは光導電セル (→光導電素子 ) との組合せが多く,信号の伝達は光を介して一方向にのみ可能である。入出力間が電気的に絶縁されているのでアイソレータとして最適で,入出力端子の接地について配慮しなくてすみ,回路構成が非常に簡単になる。論理回路,電源の安定化,固体リレーなどへの応用がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone