コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光結合器 ひかりけつごうきphotocoupler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光結合器
ひかりけつごうき
photocoupler

フォトカプラともいう。1つの素子内に発光部と受光部をもち,電気的には絶縁され光学的には結合されているもの。電気入力が発光部で光に変えられ,この光が受光部で再び電気に変換される。発光ダイオードフォトトランジスタあるいは光導電セル (→光導電素子 ) との組合せが多く,信号の伝達は光を介して一方向にのみ可能である。入出力間が電気的に絶縁されているのでアイソレータとして最適で,入出力端子の接地について配慮しなくてすみ,回路構成が非常に簡単になる。論理回路,電源の安定化,固体リレーなどへの応用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光結合器の関連キーワードフォトカプラ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android