コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接地 セッチ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ち【接地】

[名](スル)
飛行機などが着陸すること。「滑走路に接地する」
アース1

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

接地【せっち】

アース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

接地

アース」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せっち【接地】

( 名 ) スル
地に接触すること。飛行機などが着陸すること。
アース

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接地
せっち
earthing

アースともいう。電気機器の外枠または電気回路一部大地に接続すること。電気設備の電位を大地と同一に保って安全をはかり,また大地を回路の一部として利用することにより回路を簡易化することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接地
せっち

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の接地の言及

【アース】より

…接地ともいう。電気回路の特定の部分を積極的に大地の電位にすること,または,機器のケースなどの大地電位になりやすい部分に接続すること。…

※「接地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接地の関連キーワード消弧リアクトル接地方式スタンディングウエーブロードホールディングカソードホロワ回路クローラークレーントレッドパターンタッチアンドゴースラップスケート後付けバルコニーハツタカ(初鷹)シールドルーム中性点接地方式サイドフォースラジアルタイヤホイールスピン直接接地方式最小回転半径逆流雷サージ沖合人工島あたりつけ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接地の関連情報