免役地代(読み)めんえきちだい(英語表記)quit rent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「免役地代」の意味・わかりやすい解説

免役地代
めんえきちだい
quit rent

イギリス中世~近代初期に農民が賦役現物給付の代りに領主に納付した貨幣地代。 14~15世紀に広く行われた。また近代初期には,植民地イギリス国王封土であるとする法理論から,植民地にも適用されたが,この地代形態の賦課をめぐって植民地住民の抵抗が政治的問題に発展,特に北アメリカ植民地では,アメリカ独立の一要因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android