コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨幣地代(読み)かへいちだい(英語表記)money rent; Geldrente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貨幣地代
かへいちだい
money rent; Geldrente

生産物地代に対する言葉で,貨幣で支払われる地代。現代においては地代は当然貨幣で支払われているが,貨幣地代が経済学上一つの意味をもってくるのは封建社会の末期においてである。封建社会においては,農民農奴として自己の再生産に必要な以外の剰余生産物を地代の形で領主に強制的に収奪されていた。この封建地代は歴史的経過として労働地代生産物地代,貨幣地代の3つの形態をたどるが,貨幣経済の浸透とともに,領主の関心が貨幣収入に集中し,農民と領主のつながりも従来の伝統的強制が次第に弱まり,貨幣的契約関係に移行することとなる。貨幣地代はこの時代の地代支払形態で,この関係がさらに進展すると農民は自己の農奴的地位を貨幣の力で買戻し独立自営農民に転化していく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

貨幣地代【かへいちだい】

貨幣で納める地代。労働で納める労働地代や生産物で納める現物地代に対する語。封建社会は現物経済の支配する社会であるが,商品生産の発展につれ,地代も貨幣で納められるに至り,貨幣地代は封建地代の最後の発展形態をなす。
→関連項目金納小作料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android