兎狩(り)(読み)ウサギガリ

デジタル大辞泉の解説

うさぎ‐がり【×兎狩(り)】

野ウサギを捕ること。鉄砲で撃ったり、張った網などの中に追い込んで生け捕りにすることもある。 冬》「裏山に出て雪ありぬ―/野風呂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うさぎ‐がり【兎狩】

〘名〙
野兎を網、、罠(わな)などを用いて捕える猟。《季・冬》
武家名目抄(19C中か)術芸部「寛永三年丙寅二月十八日鴻の巣御鷹野、鷹鴨百五十羽御物数候、其後兎狩有」
② 子供の遊戯で、鬼ごっこの一種。兎になった子は少し離れた二つの四角な囲いの中にはいる。狩人になったものが合図をすると、兎は囲いから囲いへと細い道を通って移動する。それを狩人が道のわきからつかまえる遊び。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android