コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島絹子 こじま きぬこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島絹子 こじま-きぬこ

1930- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和5年12月12日生まれ。伊東衣服研究所にまなび,昭和29年ソワール洋装店を東京世田谷にひらく。黒の洋服を女性の礼服として定着させるなど,婦人フォーマルウエア業界の大手となる。44年東京ソワールに改称し,51年社長。61年石原一子らとともに経済同友会初の女性会員となる。兵庫県出身。本名草野絹子

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児島絹子の関連キーワード経営者

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android