児島絹子(読み)こじま きぬこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島絹子 こじま-きぬこ

1930- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和5年12月12日生まれ。伊東衣服研究所にまなび,昭和29年ソワール洋装店を東京世田谷にひらく。黒の洋服を女性の礼服として定着させるなど,婦人フォーマルウエア業界の大手となる。44年東京ソワールに改称し,51年社長。61年石原一子らとともに経済同友会初の女性会員となる。兵庫県出身。本名草野絹子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android