児玉 充次郎(読み)コダマ ジュウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 充次郎
コダマ ジュウジロウ

明治〜昭和期の牧師 粉河教会牧師。



生年
明治11(1878)年11月14日

没年
昭和36(1961)年10月30日

出生地
和歌山県那賀郡粉河町

別名
号=怪骨,不思議庵

学歴〔年〕
明治学院神学部〔明治40年〕卒

経歴
衆院議員も務めた民権運動家の児玉仲児の次男。はじめ、父や兄の勧めで同志社に学ぶが、キリスト教的教育に反発して間もなく放校処分を受ける。明治32年に徴兵されるが、そこで軍隊の在り方に疑問を抱き、非戦論を展開していたキリスト教徒内村鑑三に共鳴。34年軍を除隊して「和歌山実業新聞」に入り、盛んに非戦論を唱えた。この頃から社会主義やキリスト教に急接近し、社会主義者・沖野岩三郎杉山元治郎らと親交。次いで37年には洗礼を受け、明治学院に入って神学を学んだ。同校を卒業後は牧師となり、郷里和歌山県粉河に粉河協会を設立。伝道の傍ら、父とともに社会主義の宣揚に努めるが、大逆事件後はその被告の一人である医師・大石誠之介に関係したとして一時警察の監視下に置かれた。その後は、廃娼や同和問題にも関心を持ち、幅広く運動を展開した。著書に「ヘール師物語」「予は如何にして信仰に入りしか」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android