コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖野岩三郎 おきの いわさぶろう

4件 の用語解説(沖野岩三郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

沖野岩三郎

小説家・牧師。和歌山県生。伝道活動中に大逆事件に巻込まれ、これをモデルとした『宿命』が「大阪朝日新聞」懸賞小説に入選。宗教活動の傍ら牧師作家として活躍。著書に『生れざりせば』『赦し得ぬ悩み』等がある。昭和31年(1956)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沖野岩三郎 おきの-いわさぶろう

1876-1956 明治-昭和時代の牧師,小説家。
明治9年1月5日生まれ。和歌山県で伝道中,大逆事件にまきこまれる。大正6年,事件を題材にした「宿命」を発表。昭和30年軽井沢浅間高原教会を設立した。昭和31年1月31日死去。80歳。和歌山県出身。明治学院卒。著作はほかに「煉瓦(れんが)の雨」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖野岩三郎
おきのいわさぶろう

[生]1876. 和歌山
[没]1956
キリスト教の牧師。小説家。 1895年和歌山師範学校に学び,小学校教師となり,22歳で校長に就任。この間宣教師ヘールによりキリスト教に導かれた。 1904年上京し明治学院神学部に入学。 07年新宮日本基督教会牧師となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖野岩三郎
おきのいわさぶろう
(1876―1956)

小説家。和歌山県の生まれ。青年時代は軍国主義的思想にかぶれていたが、トルストイの感化などによってクリスチャンとなり、1907年(明治40)31歳で明治学院神学部を卒業。牧師としての生活を送るうち大石誠之助(せいのすけ)、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)らのアナキストと知り合い、彼らの社会思想の影響を大きく受けた。大逆事件に関係したが逮捕は免れた。42歳のとき、『大阪朝日新聞』に新時代のキリスト者のあり方を描いた長編小説『宿命』(1918)を発表して文筆生活に入る。以後は、社会主義的キリスト者として多くの著述を残した。[田沢基久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖野岩三郎の関連キーワード伊藤馨大下角一綱島佳吉原田助比嘉静観松井米太郎真鍋頼一武藤健山中笑和田秀豊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖野岩三郎の関連情報