コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉仲児 こだま ちゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉仲児 こだま-ちゅうじ

1849-1909 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)2年11月生まれ。慶応義塾にまなび,和歌山県に帰郷,農業をいとなむ。明治9年和歌山県令神山郡廉(こうやま-くにきよ)に対し,地租の算定基準となる米価の不公平是正をうったえでる。和歌山県会議員をへて,23年衆議院議員(当選3回,政友会)。明治42年1月24日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉仲児の関連キーワード児玉 充次郎児玉充次郎千田軍之助明治時代嘉永

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android