コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉旗山 こだま きざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉旗山 こだま-きざん

1801-1835 江戸時代後期の儒者。
享和元年4月16日生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士児玉双の子。文政9年京都にいき,頼山陽(らい-さんよう)に師事し,のち私塾をひらいた。山陽にみとめられ,その子の三樹三郎(みきさぶろう)をおしえた。天保(てんぽう)6年1月26日死去。35歳。名は慎。字(あざな)は士敬。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉旗山の関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)グロ享和パーベル1世山東京伝フランツシャノアーヌズーフトムソン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android