コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉琢 こだま たく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉琢 こだま-たく

1773-1829 江戸時代後期の武士。
安永2年3月25日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。免用方をつとめ,文化7年長崎御非番方石火矢台守衛となる。文政4年から同藩国学者青柳種信の「筑前国続風土記拾遺」の編集助手をつとめた。文政12年10月23日死去。57歳。字(あざな)は成器。通称は文吾。著作に「安楽平古城考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉琢の関連キーワードモーツァルトピウス8世ユゴーラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android