コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉琢 こだま たく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉琢 こだま-たく

1773-1829 江戸時代後期の武士。
安永2年3月25日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。免用方をつとめ,文化7年長崎御非番方石火矢台守衛となる。文政4年から同藩国学者青柳種信の「筑前国続風土記拾遺」の編集助手をつとめた。文政12年10月23日死去。57歳。字(あざな)は成器。通称は文吾。著作に「安楽平古城考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉琢の関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱ヤング伴信友ヤングヤング歌川豊広ヤング

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone