コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉 源太郎 コダマ ゲンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

児玉 源太郎
コダマ ゲンタロウ

明治期の陸軍大将,政治家,伯爵 陸相;内相;文相。



生年
嘉永5年閏2月25日(1852年)

没年
明治39(1906)年7月23日

出生地
周防国岩国(山口県岩国市)

別名
幼名=百合若,健

経歴
戊辰戦争に参加。のち陸軍に入り、佐賀の乱神風連の乱、西南戦争で功績をあげる。明治20年陸大校長になり、ドイツの軍制・戦術を移入紹介に努めた。24年ヨーロッパ視察。25年陸軍次官となり日清戦争では大本営参謀として活躍。29年中将。31年台湾総督、33年第4次伊藤内閣の陸相、のち第1次桂内閣の陸相、内相文相をつとめ、36年参謀次長、37年大将に昇進。日露戦争では満州軍総参謀長として大山巌総司令官を補佐した。戦功により子爵となり、39年参謀総長に就任。また南満州鉄道株式会社創立委員長をもつとめる。没後伯爵となる。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

児玉 源太郎
コダマ ゲンタロウ


肩書
陸相,内相,文相

別名
幼名=百合若 健

生年月日
嘉永5年閏2月25日(1852年)

出生地
周防国岩国(山口県岩国市)

経歴
戊辰戦争に参加。のち陸軍に入り、佐賀の乱、神風連の乱、西南戦争で功績をあげる。明治20年陸大校長になり、ドイツの軍制・戦術を移入紹介に努めた。24年ヨーロッパ視察。25年陸軍次官となり日清戦争では大本営参謀として活躍。29年中将。31年台湾総督、33年第4次伊藤内閣の陸相、のち第1次桂内閣の陸相、内相、文相をつとめ、36年参謀次長、37年大将に昇進。日露戦争では満州軍総参謀長として大山巌総司令官を補佐した。戦功により子爵となり、39年参謀総長に就任。また南満州鉄道株式会社創立委員長をもつとめる。没後伯爵となる。

没年月日
明治39年7月23日

家族
父=児玉 半九郎忠碩(徳山藩士)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

367日誕生日大事典の解説

児玉 源太郎 (こだま げんたろう)

生年月日:1852年2月25日
明治時代の陸軍軍人
1906年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

児玉 源太郎の関連キーワード遼陽の大会戦飯野 吉三郎児玉源太郎中原南天棒黒瀬 義門坂の上の雲松川 敏胤台糖[株]大楽源太郎児玉 秀雄参謀本部松川敏胤井口省吾佃 一予生年月日青木宣純石塚英蔵後藤新平辻 嘉六メッケル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android