党勢(読み)とうせい

精選版 日本国語大辞典 「党勢」の意味・読み・例文・類語

とう‐せい タウ‥【党勢】

〘名〙
政党党派勢力。党威。
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「僅に党勢(タウセイ)の駈引より生ずる外交軟弱の抗議
② その党派に属する人々。仲間の者たち。
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉五「党勢を召連れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「党勢」の意味・読み・例文・類語

とう‐せい〔タウ‐〕【党勢】

党派・政党の勢力。「党勢拡大」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android